アパート経営の教科書>アパート経営と投資の基礎知識

アパート経営の教科書

アパート経営と投資の基礎知識

アパート経営と投資の基礎知識では、アパート経営・不動産投資をスタートさせる上でぜひ押さえておきたい、他の資産運用(投資)との違いや、アパート投資のメリット・リスク、具体的な投資の手段などを分かりやすく解説します。

アパート経営の教科書

不動産投資と他の投資を比較

まずは、不動産投資(アパート投資)がどのようなものかを理解するためにも、銀行預金、株式投資、債券投資、アパート投資の4つの投資商品についてそれぞれの特徴や違いなどを比較していきます。
>>不動産投資と他の投資を比較

 

アパート経営のメリット

アパート経営のメリットでは、アパート経営をするメリット(魅力)について具体的に説明していきます。特にアパート経営(投資)をおすすめするポイントをそれぞれ具体的かつ詳細に分析していきます。
>>アパート経営のメリット
土地を得ることができるため資産形成に役立つ
有利な資産形成ができる
節税効果が期待できる
インフレ対策になる
老後の年金代わりになる
万が一の場合は遺族への保証にもなる

 

アパート経営のデメリット・リスク

アパート経営は投資(資産運用)として完璧というわけではありません。もちろん投資・事業となりますからリスクが存在します。ここでは、そうしたアパート経営や不動産投資のデメリット・リスクをそれぞれ具体的に分析していきます。
>>アパート経営のデメリット・リスク
経年劣化にともなう資産価値の低下
自分で「経営・管理」する必要がある
空室リスク
入居者リスク
流動性リスク
災害リスク
金利変動リスク

 

アパート経営の方法

アパート経営をやる具体的な手法(方法)としては大きく「一括借り上げ」「管理会社に管理委託」「自分自身ですべて運用」という三つの方法が基本です。ここでは、それらのアパート経営の方法を分かりやすく分類し、それぞれのメリット・デメリットなども分析します。
>>アパート経営の方法
アパート一括借り上げ(家賃保証・サブリース契約)
アパートの管理委託(委託管理)
アパート経営のすべて自分で管理(自主管理)