アパート経営の教科書アパート経営と収益物件探し>アパート物件(収益物件)購入時のチェック項目

アパート経営の教科書

アパート物件(収益物件)購入時のチェック項目

アパート投資物件を購入する場合にはどういった点をチェックしたらよいのでしょうか?ここでは、アパート物件を比較したり、購入する際にはぜひチェックしておきたい項目について、どんな理由でどういう風にチェックしたらよいのかを分かりやすく説明していきます。

アパート経営の教科書

収益物件を購入する際に絶対にチェックすべき項目

収益物件を購入する際には絶対に調べておくべき、提出をしてもらうべき項目や資料について解説していきます。
また、それぞれの項目をどうやって見ていくべきなのかについてもまとめていきます。

重要事項説明書

重要事項説明書は契約前に必ず交付される書類です。しかしながら、契約前にちょっと説明&重要事項説明書の交付を受けて、さあ契約してください。という流れが多いようです。重要事項説明書には不動産についての大変重要な情報がたくさん詰まっています。しかも契約後、重要事項説明書に書かれている内容は「すべて説明済みで理解している」という扱いとなります。後々のトラブルの原因ともなります。重要事項説明書は確実に確認しましょう。
>>重要事項説明書はとても重要

 

レントロール

レントロールとは、アパート等における貸借条件一覧のこと。不動産物件における個々の部屋ごとの賃貸条件をまとめたものです。アパートやマンションを一棟単位で購入する場合だけでなく、物件の状況を把握する上ではとても重要な指標の一つとなっています。ここでは、このレントロールの見方や分析の仕方を説明していきます。
>>レントロール(貸借条件一覧)の分析

 

修繕履歴

修繕履歴とは、建物の修繕に関する履歴です。いつ、どこを、いくらで、どのように修繕したのかを記録したものになります。適正に修繕工事が行われてきたのかにおいてとても大切な資料です。建物の状況を把握する上でも売買材料となります。軽視するオーナーもいますが、適切な履歴は不動産の「価値」となります。
>>修繕履歴の分析