アパート経営の教科書

アパートローンを比較するポイント

アパートローンを提供する金融機関もいくつかあります。「貸してくれるところが借りるところ」という考えもあるかもしませんが、ここでは、アパートローンを検討、選ぶ際において、借りる側の立場からどんなところに気をつけておけばよいのかというポイントを解説していきます。

アパート経営の教科書

アパートローンを比較する前に決めておきたいこと

アパートローンは不動産投資を成功させる上で実はかなり高いウエイトを占めている項目の一つです。大きくは融資をどのくらい受けたいのか?金利は固定金利にするのか変動金利にするのか?返済期間は何年にするのか?という三点が大きな決定(比較)項目だと思います。

融資額はいくらにするのか?

まず第1に、物件購入に対してどのくらいの自己資金を用意してどの程度を融資(アパートローン)として借りるのかを決定していく必要があります。一般的には、最低でも物件価格の30%程度は頭金として用意するとされていますが、ケースによってはフルローン(全額融資)というレバレッジを目一杯きかせたローン設計が行われる場合もあります。

固定金利か変動金利か?

金利リスクの項目でも解説しましたが、アパートローンを利用する場合、ローンの借入金に対する利息を「固定金利」とするのか「変動金利」とするのか、またはミックス型にするのかといういくつかの選択肢があります。ここでは、アパートローンにおける金利の選択とリスクについて分かりやすく解説していきます。

返済期間(借入期間)は何年にするのか?

アパートローンはローン(借金)ですから当然返済をしていきます。そして返済において重要になるのが、返済期間を何年に設定するのか?ということです。返済期間を長くすればするほど、1年あたりの返済額は小さくて済みますが、利息の関係上総返済額は大きくなります。ここでは、アパートローンの比較における返済期間について分かりやすく説明していきます。

 

個別のアパートローンを比較するポイント

アパート経営を始めるにあたっては実際にどの金融機関からどういったアパートローンを契約するのか?を決める必要があります。ここでは、個別の住宅ローン会社(銀行など)の条件のどうしたところを見ていくと良いかを解説します。

アパートローンの金利比較

当然といえば当然ですが、アパートローンの金利水準を比較しましょう。住宅ローンの場合とはことなり、アパートローンは事業性のあるローンなので同じ金融機関であっても融資先や内容によって金利が異なっています。いくつかの銀行・金融機関に打診をしてどの程度の金利でアパートローンを組めるのかを確認しましょう。

繰上返済の可否

住宅ローンでは当たり前の繰上返済ですが、アパートローンの場合は繰上返済手数料がかかったり、繰上返済自体が原則不可となっているようなローン契約もあります。特に固定金利のアパートローンを組んだ場合には不可となっている銀行・金融機関が多いので繰上返済の可否は確認しておきましょう。