アパート経営の教科書アパート経営と管理・マネジメント>入居率アップのために大家ができること

アパート経営の教科書

入居率アップのために大家ができること

アパート経営最大のリスクの一つが「空室リスク」です。空室をできるだけ減らすことができればそれだけ収益性も安定性もアップします。そのためには管理会社選びはもちろんですが、大家としても色々とやることがあります。ここではアパートなどの収益物件の入居率を高めるためにできるテクニックや方法をまとめていきます。

アパート経営の教科書

物件の管理はしっかりと

物件を見に来た人にとって、印象というものは大切です。
掃除が行き届いていない、電球が切れている、植栽が枯れているなどはマイナスのイメージになります。清掃などを管理会社に頼むというケースも多いかとは思いますが、自分自身で掃除するなどして物件を綺麗に保つというのも良いことです。

また、物件の維持という意味でも掃除は大切です。
汚れいたり、ごみの分別などができていないと、そうした積み重ねで住民のモラル低下などを引き起こしてしまうリスクが高まります(割れ窓理論)。

落書きやごみの放置などはなるべく早く対応するようにしましょう。

 

物件を売り込むための資料を作ろう

不動産会社が作る物件資料というのは味気ないものです。たくさんの物件を預かる以上は仕方がないともいえますが、そのような資料が並ぶなか、カラーで綺麗な物件資料があったら目を引くこと請け合いですよね。

自分で物件資料を作って仲介業者に持ち込んで紹介してもらうようにお願いしてみるというのも手です。

 

物件情報サイト以外にもPRできないかを考えよう

マンションの一室というケースは難しいですが、アパートを一棟持っているようなケースではアパートの情報サイトやブログなどを立ち上げてみるのもいいですね。ちゃんと掃除や管理をしているということをPRするのはもちろん、物件のセールスポイントなどをアピールしてみましょう。

また、周辺の環境や飲食店、スーパー、交通機関までの距離や風景などの写真などがあるともっといいでしょう。このようにWEBサイトやブログをつくるのは今やとても簡単になっています。youtubeなどの動画サイトに物件の動画情報などを載せるというのもありかもしれません。