アパート経営の教科書アパート経営と収益物件探し>アパート経営 収益物件比較のポイント

アパート経営の教科書

アパート経営 収益物件比較のポイント

収益物件を比較するポイントでは、アパート経営における収益物件を見極める際、どのような点が重要なポイントとなっており、それぞれをどのように比較・見極めをしていくべきなのかについて項目を「立地」「収益性(利回り)」「将来性」に分類してそれぞれを分かりやすく解説します。

アパート経営の教科書

アパート経営と利回り

特に、中古物件の比較には「利回り」が○%などという広告がよく出ているように、その物件の収益性も大切です。通常は物件価格に対して、入居者で満室になったときの賃料で計算される場合がほとんどです。ただ、あくまでも表面上の利回りであることも多いのでしっかりとした吟味が必要になります。
中古アパートの想定利回りはどう計算される?
アパートの利回りとリスクの関係

 

アパート経営と投資指標

不動産投資は一つの「経営」です。アパートやマンションなどを活用して、上手にその資産を活用していく必要があります。その経営や投資において状況を分析するための様々な指標があります。
債務回収比率(DCR)

 

アパートの収益性を左右する要素

アパート経営における収益物件(アパート)の魅力はもちろんその収益性の高さですが、ではその収益性を左右する要素とは一体何なのでしょうか?ここでは、アパート経営の物件比較において必ず押さえておきたいアパート投資の長期収益性を左右する要素を分かりやすく解説していきます。
立地
将来性
建物・設備・耐用年数