アパート経営の教科書>アパート経営と収益物件探し

アパート経営の教科書

アパート経営と収益物件探し

アパート経営において重要な収益物件(アパート物件)探しについて、収益物件の探し方の基本から種類、比較のポイントまでをできるだけ分かりやすく解説していきます。

アパート経営の教科書

アパート収益物件の種類と特徴

まず、アパート収益物件を検討する場合、おおきく「新築アパート物件(一棟売り)」「中古アパート物件(一棟売り)」に分類することができます。もちろん、マンション一棟などもないわけではありませんが、金額が大きくなる上、当サイトは「アパート経営」を基本にしたサイトですので除外します。ここでは、こうしたアパート収益物件の種類についてそれぞれの特徴を分かりやすく比較・検証していきます。
新築物件のメリット・デメリット
中古物件のメリット・デメリット

 

アパート経営における土地探しのポイント

新築アパート経営にとって、立地は最も重要なポイントです。どこに物件を建てるかにより、入居率は大きく変わります。一方で、良すぎる土地(価格の高い土地)を選択すると土地価格負担が大きくなり投資額が増大し収益性(利回り)が悪化します。 では、新築アパートを建てるにはどんな時を選べばいいのか?ということになりますが、重要なのは入居対象者に合わせた土地選びです。ここでは、主に新築アパートを建てる上で考えたい「土地選び」のポイントをまとめます。
単身者向けアパートの立地
ファミリー向けアパートの立地

 

収益物件を比較するポイント

収益物件を比較するポイントでは、アパート経営における収益物件を見極める際、どのような点が重要なポイントとなっており、それぞれをどのように比較・見極めをしていくべきなのかについて項目を「立地」「収益性(利回り)」「将来性」に分類してそれぞれを分かりやすく解説します。
アパート経営と利回り
 |-中古アパートの想定利回りはどう計算される?
 |-アパートの利回りとリスクの関係
アパート経営の投資指標
 |-債務回収比率(DCR)
アパートの収益性を構成する要素
 |-立地
 |-将来性
 |-建物・設備・耐用年数

 

収益物件購入にかかる費用

新築・中古のアパート収益物件を購入する場合には当然その購入費用がかかります。ここでは、アパート物件購入時に必要となる物件(土地+建物)以外の費用や経費について説明していきます。
仲介手数料
アパートローン諸費用
・団体信用生命保険料
・火災保険料
消費税
登録免許税
・不動産取得税

 

アパート物件(収益物件)購入時のチェック項目

アパート投資物件を購入する場合にはどういった点をチェックしたらよいのでしょうか?ここでは、アパート物件を比較したり、購入する際にはぜひチェックしておきたい項目について、どんな理由でどういう風にチェックしたらよいのかを分かりやすく説明していきます。
・利回り水準
・現在の入居率
部屋別の賃料水準(レントロール)

 

その他の不動産投資の種類と特徴比較

不動産投資は当サイトで紹介している「アパート1棟投資」以外にもマンション区分所有(1室投資)や不動産投資信託などの証券投資を活用したものなどの種類があります。ここでは、それぞれの投資についての特徴やアパート経営との比較を行っていきたいと思います。