アパート経営の教科書

アパート経営の方法

アパート経営をやる具体的な手法(方法)としては大きく「一括借り上げ」「管理会社に管理委託」「自分自身ですべて運用」という三つの方法が基本です。ここでは、それらのアパート経営の方法を分かりやすく分類し、それぞれのメリット・デメリットなども分析します。

アパート経営の教科書

アパート一括借り上げ(家賃保証・サブリース契約)

アパート一括借り上げ(家賃保証・サブリース契約)とは、投資家が保有するアパート等の部屋を全て業者に貸し出します。そしてその業者が入居者を募集するもので、オーナー(投資家)は入居率に関わらず一定の賃料を受け取ることができるというアパート経営における経営方法の一種です。本来満室時の家賃よりは受け取り家賃が減りますが、空室リスク無しに確実な収入が見込めるアパート経営の管理方法となります。

 

アパートの管理委託(委託管理)

アパートの管理を管理業者に委託する方法です。毎月一定の管理料を支払う必要がありますが、掃除やお手入れ、入居者の審査業務なども代行してもらえます。一括借り上げとは異なり、入ってくる賃料は入居者が支払った分です。空室リスクはオーナー(投資家)が負うことになります。

 

アパート経営のすべて自分で管理(自主管理)

賃貸の募集については業者にお願いすることになると思いますが、それ以外の管理をすべて自分で行う方法です。支払う手数料は小さくなりますが、その分アパート建物自体の管理や保守なども行う必要があるので大変です。ただし、経営するアパートの数を増やして専業とされている大家さんもいるようです。