アパート経営の教科書>アパート経営と管理・マネジメント

アパート経営の教科書

アパート経営と管理・マネジメント

アパート経営と管理・マネジメントでは、アパート経営を行う上での日々の管理や入居者管理、入居率をアップさせるための方法や各種トラブル対策などの運用・管理・マネジメントについてのアドバイスを行っていきます。

アパート経営の教科書

アパート経営における運用管理・マネジメントの重要性

アパートは、購入(投資)から何年、何十年と経営していく投資商品です。株式投資のように頻繁に売買を行うものではありません。そのため、アパートの運用管理というものは非常に重要なのです。

アパート経営の方法」では、アパート管理の方法を「一括借り上げ(サブリース)」「管理会社利用」「自己管理」の三種類があると説明しましたが、自分では一切管理せず、業者にお任せという場合でも、管理の考え方やプロセスは理解しておくに越したことはありません。ぜひ、しっかりとここで勉強しておきましょう。

 

アパート経営における所得と経費の考え方

まず、アパート経営におけるマネジメントにおいて、所得と経費に関する考え方についてしっかりと整理しておく必要があります。ここを理解しておかないと、このカテゴリーで出てくる話に混乱が生じる可能性がありますので、しっかりと学びましょう。
アパート経営で損金計上できる経費
アパート経営とキャッシュフロー

 

アパート経営に必要な費用

アパート経営における収入は入居者の方から得られる賃料となりますが、支出も当然あります。大家(オーナー)は物件の維持メンテンスの他、外部業者に対する報酬や各種税金の支払いなどがあります。ここでは、一般的にアパート経営をおこなう上で必要となる各種経費(費用)を説明していきます。
・修繕費(修繕積立金)
・管理業者への報酬
・アパートローンのローン支払い
・固定資産税・都市計画税
・所得税

 

入居率アップのために大家ができること

アパート経営最大のリスクの一つが「空室リスク」です。空室をできるだけ減らすことができればそれだけ収益性も安定性もアップします。そのためには管理会社選びはもちろんですが、大家としても色々とやることがあります。ここではアパートなどの収益物件の入居率を高めるためにできるテクニックや方法をまとめていきます。

 

アパート経営のライフサイクル

アパート経営はほかの株式投資や債券投資のように、単に保有しておいて、売却したり満期になるのを待つという商品ではありません。また、十年、二十年と長期にわたる投資(経営)でもあります。ここではまず、そうしたアパート経営について理解を深めるためにアパート投資における投資のライフサイクルを検証していきます。

 

アパート経営における悩み

アパート経営を始めると様々な経営上(運用上)の問題もでてきます。ここがアパート経営の醍醐味でもあるわけですが、実際にはどのようなお悩みがあるのかを例を挙げながら分かりやすく紹介し、またそれぞれの悩みに対してどのように対処していくべきなのかを説明していきます。

 

アパートに太陽光発電システムを導入

最近アパートオーナーの間で人気を集めているのが、アパートの屋根に「太陽光発電システム」を設置すること。一定の要件を満たす事で、個人宅設置と同様の補助金を受けることができ、さらに税制面でのメリットも。発電した電気は長期にわたって売ることができ、家賃以外の収入源としても活用できます。

 

福岡でのアパート経営なら愛和地所

福岡は若者需要が多く※、アパート経営が非常に盛んな地域です。愛和地所では、福岡の優良物件の紹介から、数多くのオリジナルブランドアパートを手がけています。 不動産投資に対するセミナー・内覧会なども多数開催。おすすめです。