アパート経営の教科書

アパート経営のメリット

アパート経営のメリットでは、アパート経営をするメリット(魅力)について具体的に説明していきます。特にアパート経営(投資)をおすすめするポイントをそれぞれ具体的かつ詳細に分析していきます。

アパート経営の教科書

土地を得ることができるため資産形成に役立つ

アパート経営の場合、アパートという建物だけでなく、それを建てる土地についても購入します。購入資金は当初銀行融資によりまかないますが、その支払いは通常家賃収入でカバーしていい来ます。返済完了後は家賃収入が丸々入ることになりますが、仮に建物が老朽化した場合でも土地を残すことができます。

 

有利な資産形成ができる

アパート経営の場合、ほとんどの場合銀行融資を活用します。例えば、元本1000万円で融資2000万円、合計3000万円の物件を運用した場合、物件の利回りが10%(300万円)だとすると、元本1000万円に対しては年率で30%の運用となります。このように融資というレバレッジを活用する事でより効率的な投資が可能となります。さらに、株の信用取引などと違うのは、それが資産となるという点です。

 

節税効果が期待できる

アパート経営の場合、アパートからの収益やその他の収益についても建物の「減価償却」を費用とすることで、費用化して税金を合法的に節税することもできます。アパート経営だけでなく、その他の所得との損益通算も可能となるので、運用の幅が広がります。

 

インフレ対策になる

アパート経営の場合は、主が土地で従が建物となるため、インフレに強い資産であるとされています。インフレとは貨幣価値の低下ですので、アパートを持つことで現金の価値が下落するリスクに対応することができるとも還言できます。

 

老後の年金代わりになる

アパート経営の場合、建ててから比較的中長期にわたって賃料収入を見込むことができます。利用者(店子)が入居していれば安定した現金収入も見込めます。立地などの条件が合い、管理業者の一括借り上げなどの契約条件が良ければそうしたサービスを利用し安定収入をえることもできます。

 

万が一の場合は遺族への保証にもなる

意外と大きなメリットの一つです。アパート経営・不動産投資の場合、ほとんどのケースで「団体信用生命保険」への加入が必要になります。万が一の場合には遺族へローンが無くなったアパートが残りますので、アパート経営は残された遺族に対する保証にもつながります。

 

土地の有効活用ができる

土地の有効活用ができるというメリットについては、すでに土地をもっており、その土地が遊休地となっている場合に限られます。土地は以前のような値上がり益が狙える環境ではない上、土地を持っているだけでも税金がかかってしまい、保有する土地という資産がかえって金食い虫になっていることもあります。アパート経営はそうした土地を有効活用し、資産からキャッシュフローが得られるようにすることができます。