アパート経営の教科書>アパートローンと融資

アパート経営の教科書

アパートローンと融資

アパート経営を行うには多くの場合で、アパートローン等の融資を活用することになるかと思います。このアパートローンと融資のカテゴリーでは、アパート経営・投資における融資についてその活用法や審査などについてわかりやすく解説していきます。

アパート経営の教科書

アパートローンとは

アパートローンとはその名前の通り、アパートを建築・建設・購入する人のためのローンです。銀行などがおこなう融資ですが、ここでは、アパートローンや賃貸住宅ローンという名称でサービスを行っているものや単に不動産に対する融資としてお金を貸してくれるものまで含めています。

住宅ローンとは異なり、自分自身が居住しない不動産に対するローンとなります。アパート経営やマンション投資などの不動産に投資をして、そこに入居者に住んでももらいその賃料収入からアパートローンを返済していきます。アパート経営がレバレッジを活用できる投資というのは、こうしたアパートローンを活用することで効率的に資産形成を行うことができるのです。

このカテゴリーでは、こうした不動産投資・アパート経営を行うためにその資金を銀行等の金融機関から借りるという点について分かりやすく解説していきます。

 

アパート経営と融資の活用・重要性

アパート経営を行う場合、収益物件をすべて現金(キャッシュ)で買うというケースはほとんどみられません。多くはアパートローンを活用してアパート投資(経営)を始めることになります。ここでは、アパート経営におけるアパートローンの重要性について解説していきます。

 

アパートローンと審査

アパートローンは融資ですから当然「審査」が行われることになります。アパートローンは通常の住宅ローンと異なり、一つの「事業」として見られることが多いため、物件に対する審査や個人の信用調査なども行われることになります。ここでは、アパートローンと具体的なその「審査内容」や「審査項目」について徹底的に分析していきます。

 

アパートローンを比較するポイント

アパートローンを提供する金融機関もいくつかあります。「貸してくれるところが借りるところ」という考えもあるかもしませんが、ここでは、アパートローンを検討、選ぶ際において、借りる側の立場からどんなところに気をつけておけばよいのかというポイントを解説していきます。
融資額はいくらにするのか?
固定金利か変動金利か?
返済期間(借入期間)は何年にするのか?
アパートローンの金利比較
繰上返済の可否

 

アパートローンの借換とその効果

すでにアパートローンを組んでいる場合でも「借換」によりより金利の安いローンに乗り換えることが可能です。ここでは、既存のアパートローンから別のアパートローンに借換をする場合のポイントやどういった場合であれば借換したほうがお得で、どういう場合が損なのかについても分かりやすく説明していきます。

 

アパート経営とノンリコースローンの活用

通常、私たちが考えるローンというのはリコースローンと呼ばれる融資となります。これは支払いができなくなった場合は、債務者が担保を売り、それでも返せなくても債務として支払い義務が残るというものです。これを「遡及型ローン」と呼びます。一方で、ノンリコースローン(非遡及型ローン)と呼ばれるローンもあり、近年注目を集めています。ここではアパート経営におけるノンリコースローンを解説していきます。