アパート経営の教科書アパート経営と収益物件探し>アパート収益物件の種類と特徴

アパート経営の教科書

アパート収益物件の種類と特徴

まず、アパート収益物件を検討する場合、おおきく「新築アパート物件(一棟売り)」「中古アパート物件(一棟売り)」「マンション(一戸売り)」に分類することができます。もちろん、マンション一棟などもないわけではありませんが、金額が大きくなる上、当サイトは「アパート経営」を基本にしたサイトですので除外します。ここでは、こうしたアパート収益物件の種類についてそれぞれの特徴を分かりやすく比較・検証していきます。

アパート経営の教科書

新築アパート投資と中古アパート投資

アパート投資をする場合、大きく、新築を建てる(または買う)方法と、中古アパートを買うという二つの買い方があります。

新築には新築のメリット、中古には中古のメリットがあります。投資家であるあなたの経済状況や銀行から融資をどれだけ引き出せるか、中長期的な目標などを考えてどちらに投資をするのかを考えられると良いかと思います。

新築アパート物件

新築アパートの場合は、すでにある土地と物件がセットになっているものを購入する方法と、自分で土地を選び特定の収益物件(アパート物件)業者に依頼して建物を建ててもらう方法の二つがあります。中古アパート物件と比較すると初期費用が高額となりやすい傾向があり、利回りも小さくなります。一方で、銀行等から評価がされやすく、融資(アパートローン)が引き出しやすく、自己資金を抑えることができます。

新築アパートのメリット 新築アパートのデメリット
・物件が評価されるため、融資が付きやすい
・上記の結果として自己資金は少なめでもOK
・建物評価額が大きいので節税メリットもある
・総額としての投資額が大きくなってしまう。
・上記の結果、利回りも低くなる

 

 

中古アパート物件

既に誰か他の第三者が保有している中古アパートを購入する方法です。既に入居者が入っている場合もあります。当然売りに出ている物件から探すことになります。新築と比較すると取得価格を抑えることができるため、表面利回りは高くなりやすいです。一方で、銀行融資(アパートローン)の審査は比較的厳しく、投資のための自己資金の割合も必要になってきます。

中古アパートのメリット 新中古築アパートのデメリット
・同じ規模なら新築よりも安く買える
・利回りは新築よりも高い
・耐用年数によっては税制上のメリットがある場合も
・アパートローンが付きにくく、自己資金の比率が高くなりやすい